善玉菌は便秘解消に欠かせない

善玉菌は便秘解消に欠かせない

便秘解消と善玉菌は切っても切れない関係です。
腸の中には善玉菌と悪玉菌がいます。
名前の通り善玉菌が腸にとって良い動きをしてくれ、悪玉菌は悪い動きをします。
悪玉菌が増えると腸の中が老化してしまいます。
しかし、悪玉菌がいることで善玉菌はよりよい動きをしてくれます。
そこで、善玉菌と悪玉菌のバランスが良い状態を保つことが良いとされています。

では、どうやって善玉菌のバランスを整えればよいのでしょう。
これには食事が大きくかかわっています。
善玉菌は私たちが食事から摂った栄養によって育ちます。
ですから、私たちが善玉菌を元気にするものを意識的に多く摂ることが大切なのです。
では、善玉菌は何によって増えるのでしょう。
善玉菌が増えるのは乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖、といった便秘解消に効果的な食材です。
悪玉菌は肉や脂肪によって増え、タンパク質の分解をすることで毒素を作り増殖します。
私たちの食生活は洋風化し、肉や脂肪を摂る機会が増えています。
ですからなおさら善玉菌を増やす食事を意識しなければ便秘は解消にはなりません。

善玉菌を増やすためにはただ効果的な食材を食べるだけでなく効果的な摂り方をしましょう。
たとえば、乳酸菌を多く含むものは植物性乳酸菌と動物性乳酸菌があります。
ヨーグルトのような動物性乳酸菌は熱や酸に弱いので消化の途中で菌がほとんど死んでしまいます。
一方、漬物や納豆、味噌のような植物性乳酸菌はそのほとんどが腸まで生きて届きます。
ですから、より多くの乳酸菌を腸に送りたければ植物性乳酸菌を摂るほうが良いです。
そして、ヨーグルトにも生きたまま腸に届く乳酸菌が含まれたものがありますからそういったものを選びましょう。
もしも、普通のヨーグルトを食べる場合には食後であれば腸まで届きやすくなります。

食物繊維は腸の掃除をするだけでなく善玉菌のエサになります。
オリゴ糖も善玉菌の動きを活発にしてくれます。
ですから根菜類の漬物を食べたり味付けで砂糖を使うときにはオリゴ糖を使うと良いでしょう。